img

最低賃金の上昇、長引くコロナの影響、柔軟な経営戦略が必要なこの時代にやるべきことはたくさんあるけど、組織作りの部分で悩んでいる経営者の方も多いのでは無いでしょうか?

「社員がついて来てくれない」
「モチベーションを上げさせたい」
「自分ごととして動いて欲しい」

上記の様な悩みを持った経営者さんは実はたくさんいらっしゃいます。そして、上記の様な悩みを解決する方法は実は簡単なんです!

最高の組織を作り、そしてパフォーマンスし続ける会社を作るには ”経営者と従業員のすれ違いをなくす”が1番の近道です

しかし実際に組織を作り、チームで戦うにはどうすれば良いのでしょうか?

沖縄県内の多くの現場を見てきた「まちの人事部」だから伝えられる、
会社を組織として動かしていくためのノウハウや県内事例を 沖縄県内でも注目を集める国内初のプロ球団として上場会社である琉球アスティーダと共にご紹介させていただきます。

■このような悩みを抱えている経営者におすすめ

・優秀な社員が辞めてしまった
・良い人材が集まらない
・社員を適切に評価できない
・社員の入社時期によって給与のバランスがおかしい

開催概要

【開催日時】
2021年9月28日(火)18:00~19:00

【会場】
バルコラボ県庁前店
住所:沖縄県那覇市泉崎1-11-2 ダイワロイネットホテル沖縄県庁前1F https://www.hotpepper.jp/strJ001260950/


【参加費】
無料

■懇親会(経営者倶楽部を合同主催)
開始時刻:2021年9月28日(火)19:00~
※参加費:4,000円

プロフィール

--------------------------------------------------------
まちの人事部 代表取締役
宮城 勤一
沖縄県内求人広告会社、県外人材派遣会社の沖縄支店責任者を経験後、県外人事コンサル会社へ入社。県内中小企業向けの人事評価制度の構築から、制度定着に向けた運用支援の人事コンサル業務を担当。
沖縄県内中小企業の人事領域の課題解決のため、2020年3月にまちの人事部を創業。沖縄県内で15年以上の人事サービスの経験と、県外企業で経験した人事コンサル業務のノウハウを活かし、沖縄県内中小企業の人財育成に全力を尽くします。
--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社 代表取締役 早川 周作
大学受験直前に家業が倒産、父親が蒸発し家財をすべてを失い無理心中寸前まで追い込まれるが、前向きな上昇志向で、大学進学を目指して上京。

朝の新聞配達から深夜の皿洗いまでアルバイトをして、学費を作り明治大学法学部に進学。大学在学中の20代前半から、学生起業家として数多くの会社の経営に参画して活躍する。その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬、次点。

経営者に戻ってからは「日本のベンチャーを育てる」という意志の下、日本最大級の経営者交流会を全国で主催。著書として『人生が変わる!「夢・実現力」』『小さい夢から始めよう。』がある。経済紙、新聞その他のメディア露出多数。
明治大学MBAビジネススクール講師・琉球大学客員教授等業種業界を超えた幅広い分野で活躍している。
--------------------------------------------------------

お申込みの際は、プライバシーポリシーにご同意の上、下記のフォームへ必要事項をご入力ください。